キャッシングで避けては通れない在籍確認

キャッシングをするためには、ある程度の収入があることが大前提です。その収入があるかどうかを調査することを、「在籍確認」と呼ばれています。在籍確認とは、申告している働き先に借り入れ希望者の籍があるかどうか、そこで働いているという確認を取るための作業です。在籍確認の簡単な流れとしては、まず会社や仕事先に個人名を名告り電話をかけてきます。その際、電話に出られるかどうかと言うわけですが、実際に働いていても仕事で外出していたりお休みだったりする場合もあるでしょう。その場合でも、電話での対応が「お休みをいただいています」なり「外出しております」なりの対応であれば大丈夫という流れになります。この在籍確認の際に、不審な点などがあった場合には審査に通ることが出来ないと言う事もありますので、必ず間違いのないよう申告するようにしましょう。

キャッシングの際の確認事項とは

キャッシングは信用が第一です。お金を借り入れるための審査ではあらゆることを申告しますが、その内容は全て確認されると思っておいた方が良いでしょう。まずは住所、電話番号です。その場所にちゃんと住んでいるかどうか、電話をかけてこの電話が通じているかどうかをチェックされます。その際に良くあるのが電話が使われていないものだった、と言うことなどです。電話料金が支払えず、キャッシングを申し込む人も多いのでこう言ったことが起きる場合が有ります。そうならないためにも電話が止ってしまう前に借り入れの申し込みをすませておきましょう。あとは在籍確認です。申告した仕事先にちゃんと在籍しているかを確認します。たいていの場合、個人的な電話を装い仕事先に電話をかけてくるといったケースが多いでしょう。あまり過敏になることはありませんが、かかってきても良いように対処しておくことも必要です。

家族にばれずにキャッシングをしたい場合なら

キャッシングの利用については、誰しもが家族や知人に知られたくないと思うのではないでしょうか。実際お金を借りていることを誰にも相談しない人が多数を占めます。しかし、あることをきっかけにばれてしまうことがあると言います。それは返済の遅延です。返済の期間を過ぎてもお金が返せないと、督促状が届きます。この事で家族にばれるというのが全体の約半分と言われています。これ以外にも持っているはずのないお金を持っていることや利用に関しての明細書や契約書などが見つかってしまうというケースがあります。これらは、インターネットサイトを通して契約などを行えば紙として残ることがないのでその心配も少ないと言えます。出来る限り家族に知られたくないという方は、すべてをウエブ上で行っておくことやカードの発行を無人機などで行い自宅に郵送などで届かないようにしておく方が良いでしょう。

NEW エントリー

記事はありませんでした

PAGE TOP ↑